• このエントリーをはてなブックマークに追加

現場監督の求人に応募する時の3つのポイント

現場監督の求人に応募する時は、次の3つの点に気を付けましょう。まず、自分の経験を生かすことが大切になります。これまでの仕事の経験で得たことを、面接で効果的に伝えられるようにします。それができたら、即戦力として判断され、採用されやすくなります。 次のポイントは専門的な知識です。専門的な知識を十分持っていることを、面接を通して証明しましょう。実際に監督の仕事をしている人が、面接を担当することもあります。質問されそうなことを考えて、それに答えられるように練習しておきましょう。 3つ目の注意点は、社交性です。この仕事はいろいろな人に接するものです。社交性があり、コミュニケーションの能力がないと続けられません。この点も面接の時に調べられるので、対応できるようにしておきましょう。

即戦力として働けることをアピールする

現場監督の求人に応募する時に、一番大切なことは即戦力として働けることを納得してもらうことです。この仕事は、現場に出たら、すぐに自分の仕事が始まります。この段階であたふたしていたら、仕事は進められません。採用されたら、自分の経験や知識を生かして、すぐに現場で働けることを証明しましょう。 次のポイントは、専門的な知識です。それを持っていることを、アピールしなければなりません。このタイプの仕事の面接は、2回行われることがあります。1回目では人間性がチェックされ、2回目では専門的な知識を持っているどうかを調べられます。2回目の面接を担当するのは、現場で働いている人が多いです。この時には、専門的なことが質問されるので、それに答えられるように準備しておきましょう。

人間性も重視されるので気を付ける

この仕事では、人間性が非常に重視されるので、応募する時にその点を自覚しておく必要があります。いろいろな人との協力して仕事を進めていくので、社交性が重視されます。どんな人とも短い時間で打ち解けることが求められます。 いろいろな立場の人たちと接することになるので、そんな人たちと信頼関係を作っていかなければなりません。自分勝手な行動は許されず、他人の気持ちを良く理解することが求められます。 自分の言うことを分かりやすく伝えられる話をすることが大切です。分かりやすい話ができたら、他の人に配慮できる人材と見なされます。質問には的確に答えて、関係のないことを言わないように気を付けましょう。この点は見逃しがちになるので、注意が必要です。