• このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人労働者の受入れも積極的に行う現場監督の求人

現場監督の仕事というと、「重労働できつい」「長時間労働が当たり前」といったイメージが強く、求人を募集しても集まりにくいのが実態です。特に、ここ数年で日本国内の景気も回復してきたことに加え、2020年には東京オリンピックが開催されることも決まりましたから、建築業界を中心に特需の恩恵を受けていますが、現場の要員不足は極めて深刻な状況にあります。 そこで、仕事内容をもっと多くの人々に知ってもらう取組みを積極的に実施したり、労働条件における優遇措置をアピールするなど要員確保に躍起になっています。こういった状況の中で注目されているのが、外国人労働者です。彼らは、自国に仕事のノウハウを持ち込もうと勤勉で研究熱心であることから、作業現場においても大きな戦力となっているのです。

現場監督の業務内容と必要な資質とは

仕事内容はその名のとおり、建築等の作業現場での業務であり、そこに関わるスタッフとコミュニケーションをとりながら、作業の進捗状況、スタッフの安全確保を常に念頭におきつつ、現場の陣頭指揮を執っていきます。 また、施工管理者と連携を図りながら、作業内容や納品物に不備はないかのチェックも行います。施工管理者とは異なり、デスクワークはありませんが、現場の責任者として非常に重要な仕事です。 そういった仕事内容において、最も大切なことはコミュニケーション力です。時には現場スタッフと施工管理者の間に立って調整を行うことも必要ですし、作業に遅れが出れば発破をかけることも必要になりますから、強いリーダーシップが求められます。決して簡単な仕事ではありませんが、その分、やりがいのある仕事であることは間違いありません。

労働条件と外国人労働者の受入れについて

労働条件については、一般の企業と変わらず、1日当たり8時間、週40時間勤務が基本であり、ほとんどの会社が週休二日制を導入しています。また、天候に左右されやすい仕事ですから、雨天のため中止となることもあります。ただし、納期が遅れた場合には、残業や休日労働が重なることもあります。 求人広告をチェックする場合、一番大切な事は安全衛生管理に対する取組みです。現場において大切なことは安全最優先の業務を行っているか、労災に対する保証は万全であるかが非常に重要なことですから、求人サイトのコンサルタント等に実態を確認することが大切です。 労働力不足に対する手当としては外国人労働者の受入れを積極的に行っている所であり、当初は言葉の問題等もあったものの、経験を積むことで解消されており、外国人であっても働きやすい職場づくりが成されています。今後に成長が見込まれる業種であることから、転職先としては非常に有望であると言えます。